ハリルさん解任に思うこと

唐突に発表されたハリルホジッチ代表監督の解任。
ロシアW杯の本戦はわずか3ヶ月先の6月。
全くもって理解できません。
親善試合の結果で判断でもされたのでしょうか。

後任として指名されたのは、西野さん。
そして出て来たとんでもないニュース記事。
(とはいえ、東スポ)
西野ジャパン誕生で本田、長友、香川、岡崎の“ビッグ4”復権

ロシアW杯で、明らかに前回大会よりも力の落ちて来ているこの選手たちが主力をはるようでは、
日本のサッカーはこの4年で何も進歩していないことになるのでは。

そもそもW杯に出場出来るだけで、
現状の日本代表の実力からしたら十分なのではないかとすら思っています。
もし、ハリルホジッチ氏の考える勝つための戦略が日本にはできないようなものであれば、やはり実力不足ということだろうし、
日本に合った、日本にできる戦略というものを求めるのであれば、初めから日本人の監督を据えておけばよかったのではないかな
と思ってしまいますね。

このままW杯の結果が芳しくなくとも、全ての責任はハリルホジッチで、
協会も適切な判断として、大会前に解任をして再建を図ろうと努力をしたということで、納めるのでしょうねえ。

何とも残念です。
そうはいっても、W杯は少しでも良い結果が出ることをひっそりと期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする