地方出身者が上京して1年が経って思ったこと


色々な所で地方がどうとか、都会がどうとか言われているので、
2018年のGWで、上京して1年経った人間が感じたことを書いてみます。

上京したきっかけ

状況をしたきっかけは、転職でした。
別の投稿でも触れたけれど、新卒で入社したシステム開発の会社が、
どうにも続けていくには限界に思えて来たので転職を決意したのです。

転職先を検討する中で、せっかくの人生だから、
「一度くらい都会の暮らしも経験しておこう」
そう思って都内の会社を中心に探し、
最終的に都内の中小の開発会社に転職することとなりました。

そうして、25年生まれ育った静岡県を離れ、
東京都での生活をすることが決まりました。

ちなみにいうと、それまでは特段都会に興味があったわけではなく、
どちらかと言うと、
「人多いしガチャガチャしてそうで、好き好んで住もうとは思わない」
と言った感想を持っていました。
いわゆる、アンチ都会とでも言うべき考えの人間ではありました。
とは言え、住んだこともない奴が何を言ってるんだと言う話にもなるので、
じゃあ経験してみようって考えた次第ですね。

上京して思ったこと

住む場所

 
僕が上京して住んだ場所は、23区内では比較的家賃の安い、住宅街の多い区でした。
この辺りは正直、地方の人間が思う「東京」と言う感じの場所ではありません。
少し高めのマンションはあるけれど、思ったより地方と変わらないなと言う感想を持ちました。

ただ、それでもマンションの戸数自体も多いので、やはり人の多さと言うのは多少なりとも
感じられるような場所ではないかなと思います。

また、都心のオフィス街はあまり住む場所がなさそうにも思えるけれど、
予算が気にならないのであれば、意外と住む場所として悪くなさそうな場所も多くあります。
と言うのも、エリア的には家賃が高くなってしまうけれど、オフィス街ということもあり、
休日は静かに過ごせる場所が多いからです。

現実的には、家賃にお金をかけるくらいであれば、
通勤時間を長くして都心から外れた場所に安く住む、
と言うのが多くの人たちに取られている選択ではあるようです。
(想像以上に会社近くは家賃が高かったため、僕もそうしました。)

遊ぶ場所

地方から出てきた人間が驚くことの一つ、電車の運転間隔の短さ。
1本乗り遅れても5分後には次の電車が来るなんて、地方ではちょっと考えられません。
それくらい電車の交通網と言うのは凄まじく、都内で車の必要性は全くと言っていいほど感じられません。
その便利な交通機関を利用すればそれほど時間もかけず都内の様々な場所へ
出かけられるので正直飽きることはないと思います。
都内のどこかしらで常に何らかのイベントも行っていますね。

物価的なところ

東京は物価が高い、生活コストが高いと言う話をよく聞くけれど、
これは住むエリアによります。
都心の人気エリアは、家賃も高く、大型のスーパーも少なく、
自炊をする場合でも地方より高くついてしまうと思います。
加えて、飲食店も家賃の高いエリアは1品1品高くなる傾向があるので、
総じてコストは上がってしまいます。

一方で都心から少し離れた地域であれば、23区内でも家賃の多少の差以外は
地方と変わらなコストで生活できると思います。
あるいは、車は不要になるので、トータルで見ると地方と変わらないように思います。
住宅街の多いエリアには大きめのスーパーも多いので、
それなりに安く購入もしやすいです。

これから上京を考えている人へ

今後地方から上京を考えている人がもしこれを読んでいるのであれば、
参考にしてもらえればと思います。

通勤時は引くほど混む

通勤ラッシュのあの凄まじい混雑は
ニュースなんかでみてなんとなく想像できるとは思いますが、
10時出社で、ピークから外れた時間帯の電車でも、
下車する人の多い駅までは隣の人と密着するほどに混むことも珍しくありません。
(乗り換えの多い駅ではたくさんの人が降りますが、その分たくさんの人が乗ってもきます)
この他人と密着するほどの距離感というのは苦手な人にはかなりのストレスになります。
ちなみにこれは特別混む路線でなくともそうなるので、
朝から不要なストレスを抱えたくない人は、
毎月余計な数万の出費は覚悟してでも会社の近くに住むことをオススメします。
(僕は電車通勤を選択して後悔したタイプの人間です。)

渋谷は怖いぞ

上京したばかりのGW、数少ない東京にいた友人、東京に遊びに来ていた友人に誘われ、
渋谷の街へ繰り出したのですが、あれは恐怖体験と言っていいほどの人混みです。
渋谷のハチ公といえば、待ち合わせスポットなイメージを持っていた僕でしたが、
「こんな人混みでどうやって待ち合わせるんや!!!」
と発狂してしまいそうになるほどに人がいます。

なるべく出向かないことをオススメします。
地方出身者はまずは池袋あたりから馴らしていくと良いですよ!

出会いの場はあるけど、結局自分次第

東京は人がたくさんいて、いろんな人と出会えそう。
間違いではないけれど、ナンパ師でもない限り、
結局は積極的に行動しなきゃ特に変わりませんよ。
でも人は多いので、地方特有の
「話しているうちに共通の友人がいることが発覚」
な現象に出会う事はめったにないので、気楽ですね。
あ、それと、上京したての友達いない感じのオーラを出しすぎると、
ネットワークビジネス系の人たちに狙われるので、気をつけましょう。特に渋谷。

今後も東京に住みたいか

今後も東京に住みたいか?
今のところ、この質問に対しては「住みたい」と答えます。
人の多さなど、上京してやはり苦手だと感じる部分はありますが、
便利さは地方とは比べられません。
加えて、車の運転嫌い人間にとっては、
車なしで行動できるというのはとても楽です。

1年住んでみて、独身の間は、この利便性を捨てる事はできないなと思うようになりました。
でも、結婚して子供ができたら、地方もありだなと思ったりしています。
なんだかんだ、都会のような忙しなさはないですしね。
庭でBBQなんてこともやってみたいですし。

とまあ、1年住んで大分考えが変わってきました。
やはり何事も経験してみるというのが大事ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする